人にやさしく、地球にやさしく。最先端の環境技術で有害物質無害化、有害物質処理システムに取り組む、株式会社 国際環境保全

株式会社 国際環境保全
いつかは誰かが 後世の人々のために役立つことが出来るならば・・・

ご挨拶

「いつかは だれかが やらねばならない
        弊社のシステムが 人類の為に役立つことを信じ」

基本理念

弊社代表者が、ノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング博士のフォーラムに参加したことから始まりました。

文化生活の発展と共に野放図に負の遺産を拡大した現代社会の環境問題に警鐘を鳴らし、このまま放置すれば人類の滅亡を招きかねないとの問題提起を受け、環境保全の研究に取り組んで今日に至りました。

 

当社の取り組む課題

有害物質処理技術の開発、ダイオキシンを出さない新しいごみ焼却装置の考案、土壌汚染処理システムや放射性物質分離システムの開発等を中心に、多くの環境問題、ゴミ問題を解決する新しい技術・システム開発に取り組んでおります。

 

お知らせ

・平成24年11月22日・・・事業内容のページを更新しました。

・平成24年3月19日・・・計量証明のページを公開しました。

・平成24年3月19日・・・開発技術「あと処理」システムを追加しました。

・平成23年11月1日・・・ホームページを開設しました。